お金に関するお悩みを、税理士始め専門家と一緒にしっかり解決!

ファイナンシャルプランナーと税理士の違いをCheck!

お金の相談!FPと税理士の違い

税務の専門家として最初に思い浮かぶのは、「税理士」と言う方は多いはずです。
税理士は、何度も見てきた通り税務の専門家ですね。
そして、税金に関するお悩みの相談から、税務調査への対応といった実務的な内容までこなしてくれる存在です。
「相談」といえば、ファイナンシャルプランナーもよくお金に関する相談会などを開いているイメージがありますよね。しかし、乗ることのできる「相談」の内容は、税理士とFPで大きく異なります。
FPが行う「相談」の目的は、依頼主の目標や夢を叶えるための資金計画を創り上げることです。ですので、相談の中では、依頼主が思い描く人生設計の見直しや、今後のマネープランづくりのお手伝いなどが行われるのです。
その一環で、税務や住宅ローンに関することなど、税理士の得意とする分野が話題に上ることもあります

FPと税理士…視点の広さと深さに注目

しかし、FPの相談の中で扱うことのできる税務の話には限界があります。なぜなら、FPには税理士と違い独占業務が与えられていないからです。
一言でいえば、税理士の独占業務である「個別相談」はできないのです。個別相談とは、依頼者それぞれの抱える税務の問題について個別に解決策を提案するということです。つまり、FPは税務に関する一般的な知識を話すことしかできません。
しかし一方で、税理士の中には税務のプロではあっても、保険料なども含めた「浅く広い」視点での相談は苦手だという先生もいます。
その点、FPは税理士のみならず、保険会社やローン会社、さらには証券マンと広範なネットワークを持っており、お金のことを誰に相談したら良いかわからないという人が最初に頼る窓口としてはとても頼れる存在なのです。


シェアする

B!