お金に関するお悩みを、税理士始め専門家と一緒にしっかり解決!

税理士ってどんな人?税理士になるには?

税理士の三大業務とは?

先ほども述べたように、税理士とは「税務の専門家」なのです。そんな税理士の仕事は、税理士法2条によれば「税務代理」「税務書類の作成」「税務相談」の3つであると定められています。では、この3大業務がどんなものであるか、簡単に見ていきましょう。
1.税務代理
「税務」とは、納税者が自分の払う税金について申告して、さまざまな申請を行うことを指します。所得税や相続税といった税金は、本来であれば私たち納税者自身が計算して納めるものです。しかし、その根拠となる税法は極めて煩雑で、しかも頻繁に改正されるので、一般人には理解しづらいものです。そこで頼れるのが、専門家である税理士です。
2.税務書類の作成
税務書類も複雑で多岐に渡るものですが、専門家に任せれば安心です。
3.税務相談
税務の専門家として、税金に関する相談全般に乗ってもらえます。中には無料相談を実施する税理士事務所もありますので、気軽に依頼できそうです。

こんな場面で頼れる税理士!

では、具体的にどのような場面で税理士の力が役に立つのでしょうか。
たとえば、相続税、法人税、贈与税、所得税などで、納税者の自己申告、自主納税が求められる時、税理士はそのステップを代行してくれます。
それだけには留まらず、これらの税金を節約する方法について相談することもできるのです。そして、申告そのものだけではなく、そのあと必要になる税務署とのやりとりを行うのも税理士の仕事です。私たちのした申告に疑問点があれば、税務署が申告者に対する意見聴取や会計帳簿などの調査を行います。これを「税務調査」といいます。
こちらに関しても、税理士は依頼者の代わりに説明するとともに、税法の解釈などに関する主張をしてくれます。この税務調査の代行は税理士の花形業務で、「国税庁出身なので対策はお任せください!」といったような先生がたくさんいます。頼れる相棒になってくれそうな税理さんを探してみましょう!


シェアする

B!